【知らなきゃまずい】沖縄移住者が驚いた!沖縄の保育園生活の体験談

驚く女の子
  • URLをコピーしました!

沖縄移住してから、子供を保育園に入れる…そんなあなたは不安に思っていませんか?

  • なにか本州と違うことはあるのかな
  • 知っておくべきことがあれば教えて!

私が沖縄移住し、新しい沖縄の文化や風習に出会うたびに驚くと同時に、「楽しいな、面白いな~」と思うことも多いです。

特に、保育園で沢山の行事やイベントに触れる機会のある息子を通して知ることも多く、いい体験だなと思っています。

今回は沖縄の保育園生活を通して驚いたことをまとめました。

なう子

知らないと…まずいかも!?

沖縄の人にとってはあたりまえでも、移住者にとっては馴染みのないものが沢山。そんな沖縄の保育園生活の常識を事前に理解しておくことで焦ることなくスムーズな園生活が送れますよ♪

この記事を通して保育園準備のお手伝いができれば幸いです。

家族構成

私:アラサー

主人:アラサー

息子:3歳(移住時1歳)

この記事でわかること

沖縄移住者が驚く沖縄の保育園と幼稚園の関係

笑っている先生と園児たち
職場のおばさん

あなたの子共は、そろそろ幼稚園?

なう子

あ、うちはもう保育園に行ってます!

職場のおばさん

でももう卒業じゃない?来年ぐらいから幼稚園でしょ?

なう子

…?(どういうことだってばよ)

沖縄で会社の人にこのように言われ、不思議に思いました。

聞いてみると、沖縄と本州の保育園・幼稚園についての認識が違うことがわかり、おばさんの言っている意味を理解することができました。

沖縄の幼稚園は小学校とセット

沖縄の幼稚園は、小学校の敷地内にあるか隣接していることが一般的です。

「幼稚園は、保育園を卒業した後小学校に入るまでに行くところ」という認識の沖縄県民が多く、プレ小学校みたいなものです。

これは戦後沖縄がアメリカに統治されていた頃の名残らしく、今もそのスタイルが続いています。

アメリカのプリスクール(小学校入学前の義務教育)のように、5歳児の子供を集めて就学前教育を行うため幼稚園が小学校の敷地内に作られました。

そのため沖縄の幼稚園は1年・2年制がほとんどです。

  • 0歳〜5歳→保育園
  • 5歳〜6歳→幼稚園
  • 6歳から→小学校

中には年中さん(4歳)から入れる2年制幼稚園もありますが、4歳からの入園は30人のみなど人数制限があったりします。

  • 0歳〜4歳→保育園
  • 4歳〜6歳→幼稚園
  • 6歳から→小学校

本州は幼稚園は3年制が多いので、基本的に年長さんにならないと入れないということに驚きました。

近年の認定こども園の増加で、保育園・幼稚園の間のような園も増えてきました。

例えば那覇市は、すべての私立幼稚園が認定こども園へ変更されました。敷地内にあるのは変わりませんが、料金や保育時間の制度が幼稚園とは変わっています。

本州だと一般的な小学校までの流れは

  • ずっと保育園→小学校
  • ずっと幼稚園→小学校

基本的にはこのどちらかの流れとなりますが、沖縄では

  • 保育園→幼稚園→小学校

の流れの子が多いです。

友達の子供に、保育園から来た子と幼稚園から来た子どっちが多い?と聞いてみると幼稚園の子の方が多いと言っていました。

職場のおばさん

保育園を卒業したら幼稚園にいくのよ

このように思っている人も多く、沖縄では一般的な就学の流れとなっています。

保育園を探している時に「0~5歳まで」の保育園が結構あり、不思議に思っていたのですが謎が解けました!

「働いてるのに5歳で放り出されてその後はどうするの?」と保育園探しの時はイライラしましたが、これが沖縄の就学スタイルなのですね。

沖縄は幼稚園に行かせないといけないの?

とはいえ、すべての人が幼稚園に行かせなければならないわけではありません。

もちろん6年制の保育園もありますし、フルタイムで共働きの世帯はやっぱり保育園の方がありがたいことも多いのでそちらを選ぶ人もいます。

実は私もずっと保育園でいいやと思っていたのですが、県民の方のお話を聞いて考えが変わりました。

職場のおばさん

幼稚園に行かせられるなら行かせたほうが良いよ~

幼稚園と小学校が同じ敷地内にあるので関わることが多く、行事も一緒に開催されたりします。

普段から小学校の先生や小学生のお兄さん・お姉さんと交流するので、就学前から小学校の雰囲気がよくわかるようになります。

園児同士だけではなく、年上の小学生と関わることで学ぶことも多いので、小学校への移行もスムーズになるそうです。

なう子

人や場所に早くから慣れるから良いかも

ママ友いわく、幼稚園に行かせた方が友達づくりも絶対うまくいくよとのことでした。

確かに、就学前からこのように学校ぐるみで仲良くしてる子たちの中に、保育園から来た子は入りにくいかもしれませんね。

子供のことなのでいつのまにか仲良くなってる…ということも十分あるでしょうが、普通に考えると幼稚園に行かせる方が人間関係はスムーズにいきそうです。

沖縄移住者が驚いた沖縄の保育園生活体験談

並んで歩く母親と園児

私が息子を沖縄の保育園に入れて驚いたことが沢山あります。

沖縄の人にとっては常識ですが、移住者にとっては馴染みが無いものばかり。

知らないとまずい!?そんな保育園の体験談をご紹介します。

式服がある

保育園の先生

明日は式服でお願いします。

なう子

はい?園服ですか?

保育園の先生

いえ、式服です。

なう子

スーツってことですか?

式服です…。

沖縄の保育園・幼稚園・小学校では「式服」というものがあり、いわゆるフォーマルです。

発表会や敬老イベントなど、ちょっとかしこまった場のときは式服での登園を指示されます。

白の襟付きシャツに、黒のハーフパンツ、白の靴下のセットとなります。

沖縄の式服

明確な規定は無く、各園の指示に多少は左右されますが、メーカーやボタンの有無などは問わず無地であれば良いそうです。

女の子はレースのついたソックスや、フリルの黒のズボンでもOK!

ちょっと冷えてきたころに、息子に黒の長ズボンをはかせていったら、「お母さん!式服は半ズボンですよ!」と怒られました…。半ズボンじゃないとダメだそうです。長袖はOKと言われました。

冬用に長袖も購入しましたが、ほとんど使ったことがありません。沖縄の冬はそこまで寒くないので、冬でも半袖の式服で来ている子も多いですよ。

沖縄の人は式服で誰でも通じるのですが、移住者からすれば初めて聞く言葉…!沖縄で子育てする人は絶対に必要なので準備しておきましょう。

衣料品店でも式服のコーナーがありますし、西松屋やシマムラで安くそろえてもOKです。

私は西松屋で合計2200円くらいで購入しました。

  • 襟つきシャツ:約800円
  • ハーフパンツ:約1000円
  • 靴下:約400円(2足)
なう子

シマムラ・バースデー・西松屋は沖縄にもあります!

オムツはパンパース

パンパースのオムツと他メーカーのオムツ
保育園の先生

パンパースを1日3枚は持たせてください

なう子

パンパースですか?マミーポコでも良いですか?

保育園の先生

パンパースだったらなんでもいいですよ

なう子

えっ?マミーポコは良いんですか?

保育園の先生

大丈夫ですよ

なう子

えっ

オムツはパンパース指定ということではなく、オムツのことをパンパースと呼ぶらしいです。

この先生だけかな?と思っていたのですが、沖縄ではオムツをパンパースと言う人が多いと聞きました。特に年配の方々は「オムツ=パンパース」を使います。

パンパース指定なんて…!リッチな園か…!?と一瞬思いましたが、オムツのことでした(笑)

パンパースは他のメーカーのオムツに比べて高いです!

近所のお店では、同サイズ同枚数のオムツでパンパースが1100円、マミーポコは700円で売られています。その差400円!

移住者の方も知らないとオムツメーカーの指定かと勘違いしますが、メーカーはなんでも大丈夫なので安心してください!

ムーチーの日

保育園の先生

明日はムーチーの日なので、サンニンの葉っぱを持ってきてくださいね

なう子

先生!わかりません!!(涙)

ムーチーは鬼餅と書き、いわゆるお餅のことです。

旧暦の12月8日はムーチーの日で、仏壇に供えて家族の健康を祈ったり、親戚やご近所に配ったりします。

沖縄のムーチー

沖縄のカレンダーにも載っている沖縄の行事であり、どの保育園でも必ずムーチー作りがあります。

サンニンといのは月桃という植物で、その葉っぱにお餅を包むことで独特の香りがつきます。長さが40〜60cmもある大きい葉っぱです。

沖縄の月桃(サンニン)の葉

この葉っぱを持ってきてということで、ママ友にどうしたらいいのか聴いてみたら…

ママ友

そのへんに生えてるから、刈るのよ

なう子

え~…その発想は無かった…。

聞くと、ムーチーの葉は沖縄ではあちこちで自生しており、学校や家の庭、川沿い、公園などどこでも探せばあるよ~とのこと。

しかしどれが月桃の葉か私は見た目の区別もつきませんし、一応スーパーに行ってみたら、ちゃんと売ってました!5枚400円くらいで売っています。

「わざわざお金出して買うなんてもったいない~」と言われましたが…間違って違う葉っぱを持たせても心配ですしね。

保育園でムーチー作りは必ずあります!サンニンの葉持ってきてね、と言われてもスーパーに売ってたので安心してください!笑

名字呼びはしない

沖縄では名字呼びはあまりせず、名前で呼び合うのが一般的。「山田さん」ではなく、「あーやー」と下の名前で呼ぶのが普通ですし、伸ばして言うのも特徴的です。

  • なつみ→なーつー、なつみー
  • りと→りーとー
  • じゅん→じゅーんー

先生を呼ぶのももちろん下の名前で、「あーやー先生」「じゅーんー先生」と親の私たちもそう呼びます。

私は今まで先生は名字呼びでしたし、「あーやー先生」と伸ばして言うのもなんだか沖縄かぶれにみられるかな、と恥ずかしかったですが、今ではすっかり慣れました。

ちなみに…保育園の先生だけではなく、沖縄では大人同士でも下の名前で呼ぶのが一般的です。

特に女性は自分のことも名前で呼ぶ人が多いので、大人でも「あーやーはねー」って言う人がいます。

本州では自分のことを名前で呼ぶ大人は少ないですが、沖縄ではそういう風習なので、おかしなことでもないのです。

慰霊の日は休み

保育園の先生

明日はお休みなのでよろしくお願いします

なう子

え!?なんで休みなんですか!?

保育園の先生

慰霊の日ですよ…(ダメだこいつ)

慰霊の日とは、沖縄県独自の記念日で日付は6月23日です。

この日は沖縄戦の戦没者を追悼する日で、沖縄県や市町村の公的施設や機関がお休みになります。

保育園や学校もお休みになりますので、仕事が休みでない場合は注意が必要です。

知らないとまずい!

沖縄戦の犠牲者を思い、正午の時報とともに黙とうを捧げるのが習わしです。

会社や外出先でも正午に黙とうする人達がいますので、一緒に追悼しましょう。

本州にはない祝日なので忘れてしまいがちですが、沖縄の人たちにとっては特別な日。保育園もお休みになるのでご注意を!

まとめ

沖縄の保育園に入園してから驚くことが沢山ありました。

沖縄の保育園と幼稚園の認識は本州とは少し違い、幼稚園はプレ小学校扱いです。

保育園→幼稚園→小学校の流れが一般的であり、その後の学校の生活もスムーズに移行できるような取り組みが行われています。

沖縄県の保育園生活は移住者にとっては馴染みがないことも多いですが、習うより慣れろ!の精神で私も頑張っています。

  • 式服がある
  • オムツはパンパース
  • ムーチーの日
  • 名字呼びはしない
  • 慰霊の日は休み

子供の保育園生活から学ぶ沖縄の文化や風習も多く、おもしろいですよ!これから子供の成長と共に一緒に学べる機会も増えていくので楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること
閉じる