木更津でドーベルマン2頭がまた脱走!飼い主の劣悪な環境での飼育が問題か

木更津市のドーベルマン脱走
  • URLをコピーしました!

千葉県木更津市でドーベルマン2頭が脱走したというニュースがありました。

実は先月4月22日にも木更津市で同様のドーベルマン4頭の脱走事件がありましたが、なんと同じ飼い主だということ。

調べてみると、飼い主の飼育環境にかなり問題があるのでは?と疑ってしまうような内容が浮かび上がりました。

この記事でわかること

木更津でドーベルマン2頭がまた脱走!

草原を走るドーベルマン

2022年5月11日、千葉県木更津市真里谷にてドーベルマン2頭が脱走したとのニュースが流れました。

しかし、実際に脱走したのは8日午後で、飼い主は11日まで警察に届けていなかったとのこと。

たまたま路上にた警察官に声をかけた」とのことで発覚しましたが、これにも首をかしげてしまいますね。

今回脱走した2頭

今回行方が分からなくなっているのは、

  • 体重約35キロの成犬
  • 生後5カ月ぐらいの子犬

それぞれ赤色と青色の首輪を着けているとのことです。

4月にも同飼い主のドーベルマンが脱走

4月22日、千葉県木更津市真里谷で「ドーベルマン4匹が脱走している」と保健所に通報がありました。

付近の住民が飼っていたドーベルマンが脱走したとのこと。

  • 体長約1メートルの成犬1匹
  • 生後4カ月の子犬3匹

警察と保健所職員が捜索していましたが、確保したのはボランティアで協力していた一般の方でした。

この方もドーベルマンを飼っておられ、心配して自ら捜索されていたとのこと。

「進んで人を傷つけることはまずない。怖い犬だとの偏見を持たれるような事態にならなくて良かった」

産経新聞

とコメントされています。

木更津でドーベルマンは飼い主の劣悪な環境での飼育が問題か

4月の脱走事件は、いったんめでたしめでたし…で終わり、世の中のニュースでも話題は消えていましたが、実は続きがありました。

このドーベルマンたちの飼育環境がかなり劣悪だったということです。

4 月に脱走したドーベルマンを発見されたボランティアの方が、「飼育環境が劣悪で、こんな環境で飼ってはいけない」と投稿されています。

  • 糞尿まみれ
  • 体に傷

保護団体にも声をかけ、ドーベルマンたちの保護に向けて動いている様子が見られます。

ドーベルマン1頭を保護

その後、この女性と保護活動の方の協力により、オス1頭を保護されたようです。

飼い主が劣悪な環境で飼育していた為レスキューした子で、先月ドーベルマン脱走の件でも話題になった親子の同居犬です。

Twitter

とのことで、木更津市の脱走したドーベルマンの飼い主の元からレスキューされた1頭のようです。

現在は里親を探されているようですね。

保護されるような劣悪な環境での飼育が問題

ちゃんと飼育していたら、保護活動されている方が動いて保護するなんてことはありえません。

このボランティアの方の投稿からも、劣悪な環境で飼育されているドーベルマンたちの様子がうかがえますし、短期間に2度も脱走させていることもずさんな管理であることがわかります。

ドーベルマンは進んで人を傷つけたりはしませんが、体格が大きく出会うだけで驚いてしまう方も多いでしょう。

脱走させてしまい、驚いて人を傷つけてしまったら世の中のドーベルマンに対する偏見ができてしまうことはもちろん、ドーベルマン自体も処分されてしまいます。

一般的な犬よりも大きな体格であるドーベルマンならなおさら、飼育するなら責任をもって管理&世話をしなければなりません。

この飼い主に対する飼育環境の指導や見直し、またはドーベルマンたちの保護活動が必要に思えます。

今活動してくださっているボランティアの方々も、今回の2度目の脱走は悲しく、悔しいでしょうね。

続報です!

まとめ

千葉県木更津市でドーベルマン2頭が脱走したニュースについて、先月のドーベルマン脱走の飼い主と同じだという内容をご紹介しました。

また、このドーベルマンたちの飼育環境が劣悪で、ドーベルマンたちは保護されている活動中だということです。

ずさんな管理にも脱走の原因が大いにあるのではないでしょうか。

今回脱走した2頭はまだ脱走中で保護されていません。

もしみかけられましたら、最寄りの警察署までご連絡をお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること
閉じる